緊急事態宣言発令に伴う市の対応について

2021年04月26日(月)

このたび兵庫県を含む4都府県を対象に、3回目となる緊急事態宣言が発出されました。立場により受け止め方は多様であることとは思いますが、初めての緊急事態宣言の時に比べて危機感が薄れているようにも感じます。

緊急事態宣言時に求められている感染防止対策を日常とし、「相手を気遣うとともに、自身の健康や生きがいを考える」という生き方、暮らし方を大切にしていきたいものです。

今後の市立施設の利用及びイベント等の開催については、以下のとおりです。

 

1 市立施設・屋外施設の制限について

・市立施設・屋外施設(市役所・芦屋病院・消防署・ラポルテ市民サービスコーナーを除く)は閉鎖や利用の制限をしています。

・図書館等については、本の貸出し返却のみ行います。

 (公民館図書室は市民センター受付にて、予約本の受け渡しのみ行います)

・屋外野球場、屋外テニス場についても閉鎖とします。

2 市主催のイベント等は原則、延期または中止します。

3 実施時期等

・令和3年4月25日(日)から令和3年5月11日(火)まで実施します。

・すでに予約済みの方に対する使用料の返金または利用する部屋の変更等の取扱は、令和3年5月11日までに申請があった場合に限ります。

 

緊急事態宣言の発令に伴う市の対応について案内を作成し、事務所前に掲示しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しくは、市のホームページをご覧ください。