「社会を明るくする運動」街頭啓発活動

2018年07月01日(日)

今日から7月の始まりです。

太陽が眩しい朝を迎えました。

 

午前中はJR芦屋駅ペデストリアンデッキにおいて

「社会を明るくする運動」の街頭啓発活動に参加しました。

 

社会を明るくする運動とは、すべての国民が

「犯罪や非行の防止」と「罪を犯した人たちの更生」について理解を深め、

それぞれの立場で力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする全国的な運動であり、

7月は強調月間になっています。

 

今日は街頭一斉行動日として芦屋市保護司会、芦屋市更生保護女性会、芦屋市防犯協会女性部、

交通安全協会、そして芦屋警察の皆様とともに街頭啓発を行いました。

 

今月は「社会を明るくする運動」の活動が続きます。

7月13日(金)にはルナホールで市民の集いが開催されるので是非ご参加下さい。

 

【市民の集い】

日時 平成30年7月13日(金)12時45分~15時00分

内容 ・兵庫県警察音楽隊による演奏

   ・中村 梓氏 講演

    【演題】誰でも人生は奇跡の連続

        ~タカラジェンヌと呼ばれた私~