九州北部豪雨災害の募金活動

2017年07月19日(水)

九州北部を襲った豪雨災害発生より2週間。

19日現在、34名が亡くなり、依然7名が行方不明となっています。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、

被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げます。

 

昨日は夕方5時より芦屋市議会議員による被災地への救援募金をJR芦屋駅北口にて行いました。

1時間の募金活動でしたが、忙しい時間帯にも関わらず

多くの方が足を止めてくださり、

71,325円のご協力を頂きました。

皆様、本当にありがとうございました。

義援金は後日、日本赤十字社へお送りいたします。

 

また、18日〜19日、九州北部豪雨に伴う被災地支援として福岡県添田町と大分県日田市に、

芦屋市都市建設部防災安全課長ならびに係長が派遣され、

見舞金の贈呈や今後必要となる支援要請についての情報交換が行われました。

 

猛暑日が続いていますが、

災害対策の最前線においてご尽力されている皆様の安全と一日も早い生活再建を心からお祈りします。