今日は「ライト・イット・アップ・ブルー」の日

2021年04月02日(金)

今日は自閉症・発達障害啓発のために国連が定めた自閉症啓発デーであり、毎年、ランドマークをブルーにライトアップする自閉症啓発イベント「ライト・イット・アップ・ブルー」が、世界各地で一斉に行われます。現在、世界172カ国以上の国々がこの啓発活動に参加しているそうです。

 

私は約8年前、NPO法人あっとオーティズムとの出会いにより啓発活動を知り、所属している芦屋キワニスクラブの活動の中で、芦屋市役所の市章をブルーにライトアップするなど、啓発活動に関わらせていただきました。

 

自由民主党芦屋市議会議員団 会派控え室にて

毎年、打出商店街においても、たくさんのブルーの風船が飾り付けられますが、今年はコロナウイルスの影響のためか中止となり残念に思います。

 

このイベント事業は、自閉症や発達障害への差別と偏見がなくなることを願って毎年継続的に開催されています

が、継続して開催することこそが地域社会の理解醸成の促進に繋がるのではないでしょうか。そして一人一人が思いやりを持ち、知識を深めることが、障害による壁のない社会の実現を可能にすると考えます。

 

今日は啓発のマスクとバッチを付けて過ごしたいと思います。