展覧会

2012年01月28日(土)

20120128宮川小学校で開催されている熱と光の展覧会に伺いました。

最初に入口では半切に書かれた墨絵に目を奪われましたが、ラップの芯を利用した表装も立派なものでした。会場は「こども絵画展」「陶芸展」「全校光の造形展」のコーナーに分かれていました。

宮川小では昨年夏に待望の陶芸窯が設置され、今回全学年の生徒が780°の熱で素焼きをされたそうです。

光の造形展の会場である体育館は暗幕に覆われ、光が遮断される中、ペットボトルを利用した様々な色彩のLEDライトが照らしだされておりました。幻想的な空間に酔いしれるとともに、子どもたちの作品からたくさんのパワーをもらって帰ってきました。