平和への祈りと願いを込めて

2018年08月15日(水)

平成最後となる終戦記念日を迎えました。

 

先の大戦で犠牲になられた多くの方々に謹んで哀悼の意を称しますとともに、

ご遺族や今もなお後遺症に苦しんでおられる被爆者の方々に、心からお見舞い申し上げます。

 

「戦争は二度と繰り返さない」と決意し、平和国家として出発して73年目。

悲惨な戦争の記憶も日々薄れ、「平和」の有り難さについて思いを馳せることも難しくなっています。

 

近年、戦争や被爆体験の風化が指摘されています。

次世代に語り継いで行かなければ、もろく崩れ去ってしまうかもしれない「平和」

 

現在の平和を享受するものとして、

今日は戦争の悲惨さや平和の尊さをあらためて胸に刻む1日にしたいと思います。

 

今年も、

〜「平和への祈りと願い」を込めて〜平和の鐘をならそう!

に出席しました。

皆で「平和宣言」を唱和し、正午のサイレンに合わせて黙祷。

そして「平和への祈りと願い」を込め、

市民センター本館の玄関横にある「優愛の鐘」を出席者一人一人が気持ちを込めて鳴らしました。

 

第2部の催しは、

ボランティアさんによる手作りのすいとん、ふかし芋、にぎりめしなど模擬戦時食を頂きながら、

「映像で振り返る精道小学校の記憶、学童疎開」を観賞。

戦中・戦後のつらかった時代をしのび、平和の大切さを語り合いました。

すいとんは当時のものとは違い、滋味溢れ、おいしくいただきました。

開催にあたりご準備頂きました関係者の皆様に、心から感謝申し上げます。