本会議が開催されました。

2018年09月25日(火)

今日は本会議が開催され、

9月定例会に上程された市長提出議案の採決が行われました。

 

また、台風21号の被害対応として県から補正予算が編成された事に伴い、

市としても補正予算が組まれ、

市長提出議案第83号として上程されました。

なお、この議案については、

本会議の後に開催された総務常任委員会において審査され可決すべきものと決しました。

採決は本議会最終日の10月4日に行われます。

 

本日、市長提出議案(第58号から81号議案)はすべて可決しました。

 

賛否が大きく分かれる議案については、会派からの代表が登壇して討論をしますが、

今回は、第70号議案「平成30年度芦屋市一般会計補正予算」の中の

「留守家庭児童会(学童保育)について」が対象となりました。

 

その他、賛否が分かれた議案がいくつかありますが、

私の会派「あしや真政会」はすべての議案に賛成しました。

 

この定例会では、

民生文教常任委員会の所管事務調査において、

学童保育における平成31年度からのあらたな体制が示されたところです。

 

その内容は、

小学校のうち岩園小学校と浜風小学校を拠点校に定め、

学童の待機児童が見込まれる山手小学校の児童を岩園小学校へ、

宮川小学校の児童を浜風小学校で受け入れ、

民間事業者の協力を図るというものです。

 

このような変更は学童保育の指導員が不足しているためで、

臨時職員を募集しているがなかなか集まらないとのこと。

現在、不足している場合には青少年育成課職員が対応をしていることが明らかになりました。

 

委員会でも取り上げましたが、

今後の新たな事業では、

学校間のタクシー移動や一部の生徒が移動をしなければならないなどという不公平な状況が生じます。

そのような点については、保護者に対して丁寧な説明を行ってほしいと思います。

 

以前「にじいろ学級」が開級した際には、

保護者から十分な説明がなかったという声が多く届いたため、

同様の事がないよう努めてほしいものです。

 

いよいよ明日から3日間にわたり決算特別委員会が開催されます。

今年は委員外につき傍聴をいたします。