本会議最終日。長い1日でした。

2015年12月18日(金)

今日は本会議最終日でした。

市長提出議案や請願の表決が行われたのですが、

今議会に上程された屋外広告物条例をめぐっては、

今までの議会運営では経験のないことが次から次へと続きました。

 

もともとこの条例案は建設公営常任委員会において継続審査とされていましたが、

本会議に出された動議により再び条例案審議が委員会に差し戻されました。

これは初めてのことです。

 

その後、委員会審議が約1時間半行われたのですが、

結論が出ず、

最終判断は本議会に委ねられました。

 

同時に、条例の施行期日を2016年4月1日から2016年7月1日とする修正動議が提出され、

討論と表決が諮られることになりました。

 

その結果、修正案と修正部分を除く条例案が、

賛成多数で可決、成立。

 

このようなイレギュラーな流れは初めてのことで、

この間、3回にわたる議会運営委員会が開催されました。

 

私は議会運営委員会の委員として、この流れを把握して理解するのが精一杯でした。

 

芦屋の上質な街並みを守るためには、

無電柱化や看板規制はすすめるべきです。

今後は行政と議会そして市民がしっかりと納得した上で

一体となり、取り組んで行く事が重要になるでしょう。