次は決算特別委員会が始まります

2016年09月15日(木)

今日は一般質問の最終日で4名の議員が登壇しました。

一般質問では、各議員が40分の時間の中、

市民要望を交えながら、行政に質問や政策提言を行います。

 

今まで休まずに行なってきた一般質問も、今議会で17回目となりました。

行政に対して申し上げてきた指摘や提案を

少しでも前向きに受け取ってい頂ければと願うところです。

 

しかしながら、何度、回を重ねても、

「どうして答弁に対してもう一歩踏み込めなかったのか?」

「もう少しわかりやすく説明すべきであった」など

反省点は多々出てきます。

 

次回はこれらをふまえて、さらに実りのある質問にしていきたいと思います。

 

一般質問の終了後は、

決算特別委員会が開催されました。

 

決算特別委員会は、

「平成27年度の予算が適正に執行されてきたか?」

また、「十分な事業成果を生んでいるか?」を念頭に置き、

連続3日間審査を行います。

 

先輩議員の話によると、

以前、決算委員会は夜中まで時間を要したこともあったようです。

 

このたびの決算特別委員会開催前には、

委員長、副委員長の指名が行われ、

私は委員長に推薦して頂きました。

副委員長はひろせ久美子議員に決定。

 

もしかしたら決算委員長、副委員長が共に女性議員であることは、

芦屋市議会では初めてのことかもしれません。

 

3日間の長丁場になりますが、円滑な委員会運営に努めて参りたいと思います。

 

決算特別委員会は、

9月28日~9月30日 午前10時~南館4階委員会室にて開催されます。

資料の貸し出しも行っておりますので、是非傍聴にお越しください。