民生文教常任委員会

2013年09月17日(火)

先日の委員会での請願審査と所管事務調査が積み残されていたため、委員会が開催されました。所管事務調査は以下の通りです。
*岩園幼稚園の建て替えについて
本来は幼稚園の建て替えがメインとなりますが、生徒数の増加により岩園小
学校の教室がプレハブ校舎を使用していることから、小学校の一部改築の方
向性が示されました。
*中学校給食について
27年度中に実施が予定されている潮見中学校においての給食室の整備につ
て説明がありました。今後のスケジュールは10月に住民説明会、来年7月に
既存の特別教室を解体して、来年10月に本体工事が予定されています。
*子ども・子育て新制度について
待機児童解消に向けて、グループ型家庭的保育事業(保育ママ事業)を導入す
る事を明らかにしました。
需要が高い0から1歳児を対象に15人定員の施設2か所を設置、民間に委
託して、来年1月の開設を目指すとのこと。

子ども・子育て新制度について市が示した方向性には、驚きと戸惑いを感じるものでした。今までも市は認可保育所の誘致を進めてきたが、低年齢児の受け入れが課題であるため、この問題解消の為にも即効性のある事業であると考えているとの見解であるが、子どもを取りまく環境が大きく変化していきます。
今後ニーズ調査も実施されますが、今後の動きを注視し、子どもたちの未来の為にしっかりと声をあげて参ります!