研修会

2015年06月01日(月)

選挙後、6月議会までは少し余裕があるかなと思いきや、

あれよあれよと時間が過ぎ、カレンダーも進んで、いよいよ6月です。

今日は自民党女性局による研修会「りぶるのつどい」がIMG_0396

有馬で開催されました。

今年度の研修会では、宮川典子衆議院議員による講演があり、

テーマは「女性こそ、政策リーダーであれ!」。

今では女性の政界進出も珍しいことではありませんが、

政治の世界はまだまだ圧倒的に男性社会です。

芦屋市議会においては、

この度の改選で21人中、女性議員は前期に比べて1名増の6名となりました。

このように、芦屋では女性議員が少数であることをそれほど意識することはありませんが、

まだまだ女性の存在が稀有である地方議会が沢山あります。

講演は、「政界に出馬して女性に何ができるのか?」との問題提起で始まり、

出馬を決心し、女性の視点で意見を進めてきた結果、

国全体で様々な施策が一気に進んだという内容のものでした。

議会においてはある程度男女のバランスも大切になるのでしょうが、

何よりも一人ひとりの「その人」であると思います。

往路は、未だ芦有道路が土砂災害による復旧工事中であるため、

西宮経由となりました。

また、復路はバスで三宮経由となり、想像以上に時間を要しました。

その工事も7月中にはようやく終了するとのことです。