社会を明るくする運動

2019年07月26日(金)

今日は、ルナホールで行われた「社会を明るくする運動 市民の集い」に参加しました。

「社会を明るくする運動」は、

すべての国民が、「犯罪や非行の防止」と「罪を犯した人たちの更生」について理解を深め、

それぞれの立場において力を合わせ、

犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動のことです。

 

暗い事件や事故、災害などの話題が絶えない世の中。

犯罪件数は年々減少している一方で、再犯率は高くなっています。

再犯率を下げるためには、社会の理解も必要であり、

この集いを機会に問題意識の共有が図れることが望まれます。

 

いつも会場を楽しませて下さる兵庫県警察音楽隊による演奏、

そして第2部は千房株式会社代表取締役会長、中井政嗣氏による

「それでええやんか!−自分を信じて「ありのまま」に生きる-」の講演がありました。

 

中井氏は少年院や刑を終えた出所者に働く場と住居を提供する、「社会復帰支援」を行っておられます。

受刑者就労支援の数々の体験を踏まえ、

「失敗を重ね心が折れそうになったこともあった」とのことですが、

「社会が彼らを当たり前に受け入れる時代が必ずやってくる」

「こんなやりがいのある取り組みはない、今は心からそう思う」と

強い信念を披露されました。

 

話の中で、

「過去は変えられない。自分と未来は変えられる。その気があればチャンスを与えたい。」

「協力雇用主は全部中小企業。しかもオーナー企業だけ。」

「反省は一人で出来ても更生は一人では出来ない。」というお言葉が大変印象的でした。

中井氏の貴重なお話を伺えるよい機会になりました。