精道中学校の視察に参加しました。

2022年12月27日(火)

精道中学校の老朽化に伴う建て替え工事(施工期間:令和元年7月17日〜令和4年10月31日)が完了したため、本日は民生文教常任委員会による視察が行われ、委員外議員の視察も認められたので参加しました。

視察は、教育長のご挨拶に始まり、2班に分かれて行なわれました。新しく生まれ変わった精道中学校は、体育館や校舎棟の位置が東側に変わり、西側にはグラウンドが整備されています。

また、災害時には学校施設が避難所にもなるため、マンホールトイレが9箇所設置されるなど災害対策の観点からの機能の充実も図られています。

今後は、この良好な教育環境のなか、生徒の皆さんには実りある学校生活を送ってほしいと思います。加えて、地域の拠点として学校は市民の財産でもあるため、地域とも連携し、学校施設の地域開放を積極的に進めていくべきであると考えます。この先も注視していきます。