芦屋市学校給食展〜心と体に栄養を〜

2019年07月25日(木)

今日は芦屋市民センターで行われている芦屋市学校給食展に参りました。

 

いつも夏休みに開催されるため、多くの子どもや保護者の方々で賑わう恒例の行事です。

毎年、

学校給食や栄養、食生活に関するパネル展示、児童生徒の職に関する作品の展示があり、

美味しい給食の試食も出来ます。

 

芦屋市の給食はおいしく、充実しており、その取組みは以前テレビでも紹介されました。

2017年には給食のレシピ集「芦屋の給食 おしゃれな街のおいしい献立」を発刊。

その直後に重版になるほどの人気ぶりです。

 

さらに市制80周年を迎える2020年には、芦屋の学校給食が映画になる予定です。

「食」を通して「絆」を描くヒューマンドキュメントとのことで、

来年秋に公開予定です。

 

今年のテーマは、「食でつながる皆の笑顔」。

食べる事は生涯にわたって続く基本的な営みであり、子どもから大人になっても食育は重要です。

常に健康的な食のあり方を考え、実践していきたいと思います。

 

毎年、精道小学校職員が制作されるフルーツカービングも、

大変美しく、見応えがあります!