芦屋市敬老会が開催されました。

2018年09月15日(土)

9月17日の「敬老の日」に先立ち、

本日ルナホールにて「芦屋市敬老会」が開催され、

来賓として出席しました。

 

今年は阪神以北と以南に分かれ、

午前と午後の2部制で、

70歳の方をはじめ喜寿、米寿、白寿の皆さま方にお集りいただきました。

 

人生の大先輩である皆さま方の颯爽としたお姿に、敬意を表したいと思います。

 

今年100 歳になられた方は39人だそうです。

すでに100 歳を超えておられる方は46人いらっしゃるとのことで、

市内で100歳を超えられている方は合計85人になります。

ちなみに平成元年は3名のみだったとのことです。

 

第1部の式典では、

議長に代わりお祝いの言葉を述べさせていただきました。

 

第2部の余興の1番目は、

芦屋 CHEER DANCE LABOの出演によるチアダンスの披露でした。

可愛い未就学児や小学生のメンバーによる笑顔あふれる元気な演技に、

会場は大いに盛り上がりました。

 

続いて、現在芦屋市民でもある月亭八斗さんに、

落語「犬の目」を披露して頂きました。

上方落語の楽しみ方も伺い、楽しいひとときとなりました。

 

最後の芦屋市立精道中学校合唱部の生徒さんの美しい歌声には

心が洗われるようでした。

 

プログラムの最終には、来賓も壇上に促され、

皆で「この町がすき」を歌いました。

毎年、敬老会に出席いたしておりますが、余興はいつも楽しみです。

 

来年には「平成」から新しい、元号に変わりますが、

どのような時代が訪れようとも、皆さま方自身が主役になり、

地域の活動に元気にご参加頂きたいと思います。

 

長年にわたり、社会の発展にご尽力頂いた皆さま方に、

あらためて感謝申し上げるとともに、

これからも健康に十二分にご留意され、いつまでもご壮健で、

心豊かに過ごされますことをご祈念申し上げます。