芦屋市敬老会

2019年09月15日(日)

芦屋市敬老会がルナホールにて盛大に開催され、来賓として出席しました。

今年も古希、喜寿、米寿、卒寿、白寿の節目の皆様をお招きし、

阪神電車を境に北側にお住まいの方は午前、

南側にお住まいの方は午後と二部制で開催されました。

 

毎年、市長のご挨拶の中で高齢者の皆様の年齢について触れられます。

今年新たに100歳を迎えられた方は30人で、

その方々を含めて100歳以上の方は84名。うち男性は11名、女性は73名だそうです。

圧倒的に女性が多いです。

そして、最高齢は111歳の方で、明治、大正、昭和、平成、令和と5つの時代を生きておられます。

今後も記録を更新して頂きたいものです。

 

第1部は、市長、来賓挨拶。そして芦屋市老人クラブ連合会長の大嶋三郎氏によるご挨拶を頂きました。

 

第2部は余興です。

1つ目は芦屋CHEER DANCE LABOによるチアダンスの披露。

午前と午後のメンバーは変わりましたが、子どもたちから元気なパワーをいただきました。

 

2つ目は桂福丸さんによる古典落語「時うどん」の披露がありました。

桂福丸さんは灘高校、京都大学法学部出身で英語落語も学ばれて、

アメリカでの公演も行っているそうです。

また、ビジネス書も出版され、大手企業の新人研修にも使われているとプロフィールにありました。

なんてマルチな才能をお持ちの方なんでしょう。

午前午後ともに、皆さん、落語を楽しんでおられました。

 

最後は精道中学校合唱部による合唱。

「あすという日が」「ふるさとは今も変わらず」「ふるさと」を

しっとりとした歌声で披露して下さいました。

 

高齢者の皆様におかれましては、後輩に負けない若々しい気持ちを持ち続け、

楽しい時間をお過ごしになられること、

世の中を明るくする存在としてご活躍になられますこと、

そして、これからも健康にご留意され、

いつまでもご壮健で、心豊かに過ごされますことを心からお祈りいたします。

本日は誠におめでとうございます。