芦屋市消防団市長査閲に参列しました。

2018年11月18日(日)

今日は芦屋市消防団「市長査閲」に

市議会を代表して参加させていただき、あいさつを述べました。

 

「市長査閲」は、

消防団員の職務遂行に必要な訓練等を消防管理者である市長が点検することにより、

団員の知識・技能の向上を図る事を目的に実施されています。

 

消防団員が一同に会し行われる、規律ある厳正な訓練礼式では、

その場にいるだけで、私も凛とした気持ちになり、

一糸乱れぬ整然としたお姿には日頃の訓練の成果を拝見したように思います。

このような行事が行われていた事は今まで知りませんでした。

 

平常時はそれぞれの仕事に従事しながら、

火災・風水害・地震等の災害時には真っ先に消防活動に取り組まれている

消防団の皆様は、市民の皆様にとって、大変心強く頼もしい存在です。

 

また、常日頃より地域の様々な行事にも参加されるなど地域との繋がりも大切にされている消防団員の皆様に、改めて敬意を表します。

 

今後も地域住民の安全と安心を守るために、ご尽力を賜りますようお願い申し上げます。

大変厳粛な式に参加させて頂いたことに、心から感謝申し上げます。