芦屋市立美術博物館へ

2017年07月15日(土)

本日より芦屋市立美術博物館にて開催される

「交差するアーティストたち−戦後の関西」のオープニングに参加しました。

 

このたびの作品は、すべて美術館所蔵品とのこと。

この展覧会ではコレクションのなかより、

阪神間ゆかりの長谷川三郎画伯、吉原治良画伯、津高和一画伯を柱としたアーティストたちの

活動や交流が紹介されています。

 

ゆっくり鑑賞致しましたが、

「長谷川三郎とその周辺」のコーナーには、

藤田嗣治画伯の作品も展示されており感激しました。

 

素晴らしい作品を、是非ご覧にいらしてください。

9月18日(月)まで開催しています。