芦屋市霊園 合葬式墓地について

2021年07月01日(木)

このたび、朝日ヶ丘町の芦屋市霊園内に合葬式墓地及び管理棟が完成し、内覧会が開催されました。

合葬式墓地は、東門から駐車場に進み、そこから少し上った場所に位置しています。今までの民生文教常任委員会の報告の中で、そのイメージ図は示されてきました。今回それを実際に見たところ、大変重厚感があり黒を基調としたスタイリッシュなデザインが今の時代に合っていると感じました。

あらためて合葬式墓地とは、焼骨を個人・夫婦・家族などの単位で納骨する一般墓地や納骨堂とは違い、他の方々と一緒に納骨するお墓のことです。近年は少子高齢化や核家族化が進んでライフスタイルが多様化し、それによってお墓の価値観も変化しています。「子孫に負担をかけるのではないか」と不安を感じたり、「お墓の世話をする人がいないため無縁にならないか」と今後の管理が心配になったりして墓地が返還されることが増え、継承が困難な墓地が増えてきています。合葬式墓地の必要性を感じている人が多いことから、芦屋市霊園では概ね40年を1つの区切りとして必要な納骨数を想定し、承継者を必要としない「合葬式墓地」を開設しました。なお、使用期限は永年で、維持費はかかりません。(※内覧会資料より抜粋)

芦屋市霊園は市街地からも近く、春には美しい桜が霊園を彩り、海に向けての眺望も大変すばらしいものです。市民の皆様が安心して利用できる合葬式墓地が開設されたことを、あらためてうれしく思います。

現在、「合葬式墓地 使用者募集案内」については、霊園事務所をはじめ市役所(受付、環境課)、ラポルテサービスコーナー、集会所で配布しています。

【使用料について】

  直接合葬方式   一体につき  10万円

  安置後合葬方式  一体につき  20万円

(10年間安置→合葬室に納骨)

  記名版の使用   一枚につき  3万円(希望者のみ)

 

【申込みについて】

  申込書に記入の上、霊園事務所(朝日が丘町15−7)へ必ず郵送にてお申し込み下さい。窓口での受付はできません。

【問い合わせ】

 芦屋市市民生活部環境課 霊園・火葬場係(霊園事務所)38−3105