会派視察(2日目)

2018年08月02日(木)

視察2日目。小樽市議会における視察項目は、

日本遺産について

 

平成27年度以降に文化庁が創設した日本遺産制度により

どのように地域活性化を目指していくのかが調査目的です。

 

シンポジウムの必要性と反響について、

文化芸術振興費補助金の交付額やその使途について、

地域型日本遺産の必要条件である「歴史文化基本構想」策定においての諸課題について、

学びました。

 

地域活性化を図るためにプロモーションにより

国内だけでなく海外へも発信していくことが重要である事をあらためて認識しました。