議員研修

2012年02月14日(火)

今日はいよいよ来週から始まる3月議会の議案と平成24年度の予算の説明会、午後からは議員研修会がありました。

議員研修会は「新しい地方議会と議員の役割」について(講師は山梨学院大学法学部の江藤俊昭先生)

この度の研修会では議会改革の起点について、議院内閣制度と二元代表制の違い、議会基本条例の意義と活用、議会基本条例策定による住民自治の実現について、議員間討議の必要性、行政改革と議会改革の論理の違いなどお話を伺いました。
議員としての責務の重さを改めて感じるとともに、福祉の向上と市民の幸せの為の議会のあり方について考えることができたと思います。研修後は江藤先生と議会改革委員との意見交換会の場もあり、芦屋における今後の課題についても丁寧にアドバイスいただきました。開かれた議会をめざして開催される議会改革特別委員会では、ルール作りの為に1つ1つの項目が議論されております。毎回委員それぞれの思いもあり、全会一致をみるのは困難ではありますが、議会改革の実現に向けて結果が出せるよう地道に取り組んでいきたいと思います。