1.17 芦屋市祈りと誓い

2018年01月17日(水)

阪神淡路大震災発生から23年を迎えました。

震災が奪っていったもの、私達に残してくれたもの、

そしてこれからの世代に伝えていくことなど、

震災に対する様々な想いが胸にあふれます。

毎年、この日は震災に向き合う一日になります。

 

 

朝は芦屋公園内、阪神・淡路大震災慰霊と復興のモニュメント前にて献花を行いました。

また、昼には炊き出しが行われている打出商店街「まごの手」にお邪魔しました。

 

6,434人の方がお亡くなりになった阪神淡路大震災。

故人の皆様の御冥福を心からお祈りいたします。

震災の教訓をこれからの命のために活かすことができるよう、

努めて参りたいと思います。