3月議会に向けての議案説明会が開かれました

2017年02月14日(火)

早いもので1月もあっという間に過ぎ、間もなく3月議会が始まります。

今日は平成29年度第1回定例会市長提出議案に引き続き、

予算案概要についての説明を受けました。

市長提出議案については市のHPをご参照ください

 

私は民生文教常任委員会所属ですが、いつも通り多くの議案が示されました。

なかでも今回は「芦屋市子ども・子育て支援基金条例の制定について」

「芦屋市教育振興基金条例の制定について」

「芦屋市大学等入学支援基金条例の制定について」

と、基金の制定に関わる条例が3件上程されました。

 

「芦屋市大学等入学支援基金条例の制定について」は子育て施策として

大学や専門学校の入学金を最大20万円援助する制度であり、

非課税所帯の18歳以上が対象で、年間40人程度に支給するというものです。

 

この基金については、昨年お亡くなりになられた市民の遺族から

「教育を受けられない人に使ってほしい」と市に5000万円の寄付があり、

加えて市が5000万円を追加出資して

1億円の「大学等入学支援基金」の新設を決定した旨の説明がありました。

今回の大きな事業の一つとなりますが、5000万円の寄附とは・・驚くばかりです。

 

民生文教常任委員会は来週23日(木)に開催されます。

 

今議会からペーパーレス化により、

手元に配布されたのは、一般会計と特別会計の予算説明書がそれぞれ1冊となりました。

議会改革の流れに乗り遅れるわけにはいけないと思いつつも、

タブレットによる議案書の読み込みに慣れるまでは時間がかかりそうです。