3.11から9年

2020年03月11日(水)

東日本大震災から9年が経ちました。

犠牲になられた方々に対して、あらためて哀悼の意を表するとともに、被害にあわれた皆様にお見舞いを申し上げます。

今日は午後からJR芦屋駅南地区再開発事業調査特別委員会が開催されましたが、途中、地震が発生した午後2時46分に合わせ、犠牲者に対する慰霊の念と復興への願いを込めた黙祷が捧げられました。

国が定めた「復興・創生期間」は最後の一年を迎えることになります。この日が近づくと、テレビでは震災に関する特集が放映されますが、福島や三陸の復興はまだ遠いのが現状です。

連日、世界が未知のウィルスと向き合い、その動向が報道され、感染拡大がグローバルなリスクの状況を塗り替えようとしていますが、今日は「いつまでも東北を忘れない」という想いを生まれ育った福島に届けたいと思います。