ASHIYA 防災ひろばに参加

2015年01月18日(日)

今日は「1.18ASHIYA 防災ひろば」と題した阪神・淡路大震災20周年事業がルナホールや市民センター等において開催されました。
朗読劇をはじめ防災セミナー、歌と演奏、ミニ講演会、ワークショップ、防災訓練が開催され、また石巻市の名産品の販売も行われました。
午後からは兵庫県子ども会連合会事務局長の浅見真一氏をお迎えしてのワークショップ「災害・・・備えの大切さを知る」に参加しました。いつ、どこで起こるかわからない災害に備えて、あらためて地域や家庭での備えについて考える機会となりました。後半は全員参加型のクイズ形式で和やかに意見交換をしながら分かち合い、震災の教訓を次世代に伝えていくことや災害に対しての備えについて考えさせられました。近い将来起こりうる南海トラフ巨大地震が発生することが予測されていますが、
今後、震災で得た教訓を活かし継承することが必要となります。ワークショップはテンポよく進められて、あっという間に2時間が経ちました。