JR芦屋駅南再開発事業〜新ロータリーの実地走行を実施しました〜

2018年12月18日(火)

現在進められているJR芦屋駅南の再開発事業では、

交通機能を高めるために新たにロータリー(交通広場)の設置を検討していますが、

「狭い敷地においてバスがスムーズに転回できるのか?」

「形状に問題は無いのか?」との疑問があるため、

阪急バスの協力により検証が実施されました。

 

検証は、川西運動場に実際のロータリーに合わせたコースを作り、

2台のバスを使って行われました。

 

停車位置を変えた複数の走行パターンを試したところ、

走行可能であることを確認出来ましたが、

遅延等でバスが複数台数滞留することがないよう、

効率的なダイヤ調整が必要であると感じました。

 

この実地走行の検証については、阪急バスの見解も知りたいところであり、

今後、阪急バスとの協議をしっかり進めた上で、

安全確保を第一に、利便性の良いロータリーが整備されることを望みます。