あしや保健福祉フェアが開催されました

2019年07月27日(土)

今年も「はなみずき芦屋」において

10回目となる「あしや保健福祉フェア」が行われました。

このイベントは子どもから高齢者まで幅広く楽しんでいただき、

「保健福祉」への理解を深めることを目的としています。

 

私は、毎年、木口記念会館多目的ホールにて

手作りの特製カレー販売のお手伝いをしています。

大きな鍋にも年々慣れてきたのか、調理作業も楽しく感じられます。

 

今年は雨天につき昨年ほどの忙しさはなかったものの、

多くの皆様に召し上がって頂きました。

社会を明るくする運動

2019年07月26日(金)

今日は、ルナホールで行われた「社会を明るくする運動 市民の集い」に参加しました。

「社会を明るくする運動」は、

すべての国民が、「犯罪や非行の防止」と「罪を犯した人たちの更生」について理解を深め、

それぞれの立場において力を合わせ、

犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動のことです。

 

暗い事件や事故、災害などの話題が絶えない世の中。

犯罪件数は年々減少している一方で、再犯率は高くなっています。

再犯率を下げるためには、社会の理解も必要であり、

この集いを機会に問題意識の共有が図れることが望まれます。

 

いつも会場を楽しませて下さる兵庫県警察音楽隊による演奏、

そして第2部は千房株式会社代表取締役会長、中井政嗣氏による

「それでええやんか!−自分を信じて「ありのまま」に生きる-」の講演がありました。

 

中井氏は少年院や刑を終えた出所者に働く場と住居を提供する、「社会復帰支援」を行っておられます。

受刑者就労支援の数々の体験を踏まえ、

「失敗を重ね心が折れそうになったこともあった」とのことですが、

「社会が彼らを当たり前に受け入れる時代が必ずやってくる」

「こんなやりがいのある取り組みはない、今は心からそう思う」と

強い信念を披露されました。

 

話の中で、

「過去は変えられない。自分と未来は変えられる。その気があればチャンスを与えたい。」

「協力雇用主は全部中小企業。しかもオーナー企業だけ。」

「反省は一人で出来ても更生は一人では出来ない。」というお言葉が大変印象的でした。

中井氏の貴重なお話を伺えるよい機会になりました。

芦屋市学校給食展〜心と体に栄養を〜

2019年07月25日(木)

今日は芦屋市民センターで行われている芦屋市学校給食展に参りました。

 

いつも夏休みに開催されるため、多くの子どもや保護者の方々で賑わう恒例の行事です。

毎年、

学校給食や栄養、食生活に関するパネル展示、児童生徒の職に関する作品の展示があり、

美味しい給食の試食も出来ます。

 

芦屋市の給食はおいしく、充実しており、その取組みは以前テレビでも紹介されました。

2017年には給食のレシピ集「芦屋の給食 おしゃれな街のおいしい献立」を発刊。

その直後に重版になるほどの人気ぶりです。

 

さらに市制80周年を迎える2020年には、芦屋の学校給食が映画になる予定です。

「食」を通して「絆」を描くヒューマンドキュメントとのことで、

来年秋に公開予定です。

 

今年のテーマは、「食でつながる皆の笑顔」。

食べる事は生涯にわたって続く基本的な営みであり、子どもから大人になっても食育は重要です。

常に健康的な食のあり方を考え、実践していきたいと思います。

 

毎年、精道小学校職員が制作されるフルーツカービングも、

大変美しく、見応えがあります!

睡蓮

2019年07月22日(月)

市役所2階の南館と北館を結ぶ通路の池の水面には、睡蓮が花を咲かせています。

睡蓮はナイル川の水辺に多く咲くことからナイルの花嫁と呼ばれているなど、

睡蓮にまつわる言い伝えは沢山あるようです。

水の中から花開く姿からは、凛とした清らかさと同時に神秘的な美しさも感じられます。

芦屋観光協会設立70周年記念

2019年07月19日(金)

今日は竹園ホテルにおいて、芦屋観光協会設立70周年記念祝賀会が開催され

来賓として出席いたしました。

 

芦屋観光協会は昭和24年に設立されました。

そして昭和26年には、「芦屋国際文化住宅都市建設法」が公布され、

国際性と文化性溢れる住宅都市の形成というまちづくりを目指し、

市の観光行政の一翼を担いながら、様々な事業に取り組んで来られました。

 

特に毎年開催されるさくらまつり、山まつり、秋まつりは

市外からも多くの方が参加され、楽しんでおられます。

 

他にも音楽祭の開催や、観光絵はがきやパンフレットの作成、

芦屋観光銘産品の選定と紹介などがあります。

 

これからも芦屋の観光振興にご尽力を頂き、

芦屋のにぎわいを創出と活性化に向けて、ますますのご発展を期待いたしております。